西宮市【西宮北口・JR甲子園口】の整形外科 たかひろクリニックのホームページです。リハビリテーション・リウマチ・膝(ひざ)関節を専門に、あらゆる整形外科疾患に対応し、より良い地域医療を提供できるクリニックを目指します。

APS療法

APS(自己タンパク質溶液)療法

APS(自己タンパク質溶液)療法

APSとは自己タンパク質溶液(Autologous Protein Solution)の略称であり近年、注目されている再生医療の一つです。

従来の多血小板血漿(Platelet-rich plasma:PRP)療法に含まれる成長因子に加えてさらに高濃度の抗炎症性物質を抽出する治療法であり抗炎症効果と組織修復効果の長期的な継続が期待されるため、「次世代型PRP療法」と言われています。

ご自身の血液を使用するため安全性も高く、来院当日に治療可能な、身体に負担の少ない治療法です。

APS療法の仕組み

APS療法の仕組み1

1ひざ関節症の関節内では、軟骨の破壊成分を作り出す炎症性サイトカイン(IL-1,TNFα)という悪いタンパク質の働きが活発になっています。
悪いタンパク質は軟骨の破壊成分(MMP)の生産を促進し、炎症を悪化させ関節の痛みを増加させます。

APS療法の仕組み2

2これを放置すると軟骨の破壊が進み、最終的にはひざ関節機能が失われ、軟骨全体の変性が進みます。

APS療法の仕組み3

3APS療法は、ご自身の血液から抽出されたAPS(自己タンパク質溶液)をひざ関節内に投与し、関節内の炎症バランスを整えて炎症・痛みを改善することにより、軟骨破壊の抑制が期待されます。

変形性ひざ関節症とAPS療法

変形性ひざ関節症とAPS療法

変形性ひざ関節症は、おもに加齢により関節の軟骨が摩耗・変性し、ひざ関節痛や日常生活の活動性の低下をもたらす疾患です。初期には消炎鎮痛薬、湿布、ヒアルロン酸注射などを使用します。しかし、これらの治療の効果が少なく、症状が増悪する場合には、人工関節の手術を行います。

従来の治療では効果が少ないが、現段階で手術までは考えていない、もしくは、手術が必要なほどは膝の変形が進行していない患者さんに対してAPS療法の適応があります。

APS療法の適応疾患

以下の方が適応となります。

  • 膝が悪く生活に支障をきたしている方
  • 消炎鎮痛剤、湿布、ヒアルロン酸注射、リハビリテーションなどの治療を行っている方
  • スポーツに早期復帰したい方
  • 再生医療を試してみたい方
  • 膝に疾患があるが手術に踏み切れない方

APS療法の適応疾患 なお、高齢であってもからだへの負担が少ない治療法ですので治療を受けることが可能ですが、膝の変形が重症な方(関節の隙間が無くなっている方)や、肥満の方ではAPS療法の効果が低下します。
その他疾患への適応は、医師にご確認ください。

また、以下の方はAPS治療を行うことができません。

  • がんの治療中の方
  • 感染症がある方、発熱のある方
  • 妊娠の可能性のある方
  • 心臓病・脳梗塞の既往のある方
  • 薬剤過敏症のある方
  • 免疫抑制剤を内服中の方
  • 血液が固まりにくくなる薬を内服されている方
  • 癌、リウマチ、自己免疫疾患で投与を受けている方、等
  • 過去1ヵ月以内にAPS治療を受けたことがある方

治療の流れ

治療の流れ

治療効果について

治療効果は個人差がありますが、治療後2週間~3ヵ月程度で効果が表れます。
APS治療は、自分自身の治癒能力を引き出す治療法なので従来の痛み止めの内服などで症状が良くならなかった患者様でも効果を期待できます。
ヒアルロン酸の場合は効果が短期的であり、長期間は続きませんが、APS治療は、1回の治療で1年間は効果が持続するといわれています。

APS療法の費用

APS療法は、現在のところ保険診療としては認められておらず、自由診療にて下記の費用が必要です。

ZIMMER BIOMET製 APSキット使用

APS療法費用(片側) 330,000円(税込)

上記以外の通常の診察および検査・処方等に関しましては、別途費用がかかります。

注意事項について

  • 採血の4時間前より食事をしないで下さい。(水やお茶の摂取は問題ありません)
  • 採血の前日から油分の多い食事をしないで下さい。
  • 治療当日は激しい運動や飲酒など、治療部位へ過度に刺激を与える行為は控えて下さい。
  • 投与後、数日間は血流の良くなる活動(長時間の入浴、サウナ、運動、飲酒など)を行うことで、治療に伴う痛みが強くなる場合があります。
  • 投与後にあまり安静にし過ぎると、治療部位が硬化し痛みの原因となります。
  • 治療の効果や効果の持続時間は個人差があります。

TEL 0798-31-5656

 
午前
午後

診療時間/午前9:00~12:00 午後4:00~7:00
休診日/木曜・土曜午後・日曜・祝日

〒663-8107 兵庫県西宮市瓦林町20番11号

  • 整形外科たかひろクリニックリハビリテーションセンター(介護保険適応施設・機能訓練重視型)
  • うちリハ 整形外科クリニックの訪問リハビリ
  • 訪問看護
  • ケアプランセンター
  • 採用情報
  • PNF研究所
  • たかひろクリニック fecebook
PAGETOP
Copyright © 2021 たかひろクリニック All Rights Reserved.