西宮市【西宮北口・JR甲子園口】整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 たかひろクリニック

診療案内

診療案内

整形外科一般

骨折、捻挫や膝・腰の痛みといった整形外科的疾患の診断と治療、
痛風、関節リウマチ、骨粗鬆症の検診と治療を行います。

主な症例
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 変形性膝関節症
  • 五十肩
  • ギックリ腰
  • 椎間板ヘルニア
  • 神経痛(坐骨神経痛)
  • 外傷(打撲、捻挫、骨折、脱臼、筋腱損傷、熱傷など)
  • 首・背中の痛み
  • スポーツ障害
  • ムチ打ち症
  • 寝ちがい
  • 手のしびれ
  • 腱鞘炎など
  • 関節痛

リハビリテーション

リハビリテーション
  • 理学療法士による運動療法を行っております。
  • 当院は、運動器リハビリテーション施設基準Ⅱに認定されており、手術後の患者さまも安心してリハビリできます。
  • 院長は日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医及び日本リハビリテーション医学会認定臨床医です。
  • 当院は大腿骨頸部骨折・脳卒中の西宮地域連携パスに登録しております。

詳しくはこちら

リウマチ専門外来

リウマチ専門外来
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医及び日本リウマチ財団登録医、日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師が常在していますので、気になる方は当院リウマチ専門外来の受診をお勧めします。

詳しくはこちら

ひざ専門外来(変形性膝関節症)

膝専門外来(変形性膝関節症)
  • 治療としては、ヒアルロン酸の注射による治療、
    理学療法士のリハビリによる疼痛軽減療法を行っております。
  • 保存療法で軽減がない場合は、
    当院院長による連携病院での手術加療も行っております。

詳しくはこちら

交通事故・労災

交通事故・労災

交通事故

第3者による負傷になるので原則的には健康保険が使用できません。
加害者加入の自賠責保険と任意保険を使うため、手続きを行ってください。

労災・通勤災害について

基本的に仕事上や通勤途中の怪我は労災保険の適応です。
労災申請を行い、必要な書類があれば窓口では負担はありません。

詳しくはこちら

骨粗しょう症

  • 骨粗しょう症とは、簡単にいうと骨がスカスカになり折れやすくなった状態です。
  • 女性では、閉経を境に増加し、60歳代では35%、
    80歳代では 60%以上が骨粗鬆症といわれています。
  • 当院では、最新の骨密度測定機器を導入していますので、
    早期に検査することをお勧めします。

スポーツ整形外科

  • 当院では、スポーツ認定医が早い競技復帰、 また外傷・障害の予防・改善のサポートを理学療法士を含め積極的に行い、トレーニング内容のアドバイスなどに関わっていきます。

腰痛外来

  • 腰痛の原因になるものとして、変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、
    腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症、骨粗しょう症などがあげられます。
  • 一般的には腰痛の経過は比較的良好で、1-2週間で痛みが軽快するのが普通です。しかし、痛みが継続したり激痛が続く場合、また下肢のしびれ・痛みなどを伴う場合には、MRIなどの検査をお勧めします。
  • 当院では、腰痛の原因を的確に診断し、患者さまに応じた治療方針を立て、トリガーブロック・硬膜外ブロック治療、リハビリ、腰痛体操を施行していますので、お気軽にご相談ください。

ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニア

椎間板は背骨をつなぐクッションの役割をしており、椎間板ヘルニアではその一部が出てきて神経を圧迫し症状が出ます。症状としては、首や肩甲骨部、腕にしびれや痛みが放散したり、ハシが使いにくい、ボタンかけにくい・字が書きにくくなったりします。また、狭心症に似た胸の痛みが出現することもあります。30-50歳代に多く、しばしば原因なく突然発症します。悪い姿勢での仕事や、スポーツなどが原因になることもあります。診察所見と、レントゲン・MRIなどの検査を行い診断を確定します。

当院にては、痛みの強い時期には頸椎カラーにて安静を保ち、また、消炎鎮痛剤、ブロックなどにて痛みを和らげます。痛みが軽くなれば牽引療法を行ったり、運動療法を行っております。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は背骨をつなぐクッションの役割をしており、椎間板ヘルニアではその一部が出てきて神経を圧迫し症状が出ます。症状としては、腰や臀部の痛み、足のしびれや痛み、足に力が入りにくいなどがあげられます。腰椎椎間板ヘルニアの診断と治療は整形外科にての専門的な知識が必要です。多くは手術せずに治癒しますが、適切な治療にも関わらず下肢の痛みが治らない場合、下肢の力が入らないなどの症状が施行する場合は手術が必要となります。
頸椎椎間板ヘルニアと同じく、診察所見とレントゲン・MRIなどの検査を行い診断を確定します。

当院にては、消炎鎮痛剤、神経ブロック、積極的な運動療法を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

足の専門外来

外反母趾

  • 足の親指が外側(小指側)に曲がる病気です。
  • 足に合わない靴を履いている場合に多いとされ、特にかかとの高い靴を長時間履いている場合になりやすいと言われております。

扁平足

  • 足にはアーチ構造があり、体重を支えています。
    内側のくるぶしの下に、足のアーチを釣り上げる働きをする筋肉の腱が通っており、この足のアーチが、減少している状態が扁平足です。
  • 治療としては、靴選び、装具や足底板(足の下に敷く装具)が重要です。
    “足と靴の相談担当者”が足の状態をじっくりと診て、どこに問題があるのか、何が原因なのかきめ細かくチェックします。

生活習慣病疾患

  • 高血圧症、高脂血症(コレステロールや中性脂肪が高い)や糖尿病は、
    運動不足、過食、そして肥満といった生活習慣の不摂生が原因です。
  • 早くて正しい治療が、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、足の壊疽などの恐ろしい病気のもとになる動脈硬化を予防します。
  • 動脈硬化検査専門外来がありますので必要に応じて検査を行います。
  • 健康運動指導士による指導も行っています。

自由診療

高濃度ビタミンC点滴(完全予約制)

経口摂取では難しい高濃度のビタミンCを点滴で直接血管内に注入し、血中のビタミンC濃度を一気に高める治療法です。

点滴時間(約1時間程度)
診療時間
午前 9:00~
午前10:00~
午後 5:00~
午後 6:00~
主な効果
  • ガン予防
  • アンチエイジングなど
  • 抗がん剤副作用軽減
  • 免疫力アップ

グルタチオン点滴(予約不要)

パーキンソン病あるいはそれと似た疾患で、通常の治療ではなかなかよくならない方におすすめしています。

主な効果
  • パーキンソン病
  • レビー小体型認知症
  • 閉塞性動脈硬化症など

医療機関専用サプリメント

サプリメントはドラッグストアやコンビニ等でも市販されておりますが、医療機関向けのサプリメントなので安心して服用していただけます。

主な効果
  • 認知症予防
  • 血流改善
  • 飲む日焼け止めなど
  • 「にんにく注射」滋養強壮・「ビタミン注射」「プラセンタ注射」「AGA治療(男性の薄毛の悩み)」など詳しくはお問い合わせください。お体のことならどのような事でも医師にご相談ください。

TEL 0798-31-5656

 
午前
午後

診療時間/午前9:00~12:00 午後4:00~7:00
休診日/木曜・土曜午後・日曜・祝日

〒663-8107 兵庫県西宮市瓦林町20番11号

  • オンライン診療
  • 整形外科たかひろクリニックリハビリテーションセンター(介護保険適応施設・機能訓練重視型)
  • 訪問リハビリテーション
  • 訪問看護
  • ケアプランセンター
  • 採用情報
  • PNF研究所
  • 西宮渡辺病院の人工関節センター
  • たかひろクリニック fecebook
PAGETOP
Copyright © 2017 たかひろクリニック All Rights Reserved.